バイアグラとは一体

ファイザー社が開発したED治療薬がバイアグラです。
このバイアグラの主成分となっているのはクエン酸シルデナフィルという成分です。
これはもともと狭心症に役立つ薬として研究・開発が進められていましたが、その過程で勃起機能が高まるという効果が現れました。
その結果、ED治療薬として売り出されるようになりました。
この思わぬ副産物として生み出されたバイアグラは現在では世界で120か国以上で販売や使用されており、ED治療薬を代表する存在として不動の地位を築いています。
バイアグラは陰茎への血流量を増加させることによって勃起力を高める効果をもたらします。
服用してから血中濃度が最大に達するのが約1時間後です。そのため性行為の1時間後を目安に服用する必要があります。
また、高まった血中濃度が低下するまでの時間が4時間ほどです。これがバイアグラの持続時間となっています。
食事の影響を受けやすいなどのデメリットも指摘されています。しかし、勃起力の高まり、そして豊富な実績とブランドイメージがもたらす信頼感などは現在でも圧倒的です。